お七夜

平安時代のころ、子どもの誕生の日から3・5・7・9日目などに近親者が集まって祝宴を開き、産婦や子どもへ贈り物をする風習がありました。その中のひとつで、現在も受け継がれているのがお七夜です。生後七日目に子どもの健やかな成長を願ってお七夜を祝い、またこの日に命名を行うしきたりです。名前が決まると、命名書を鴨居や本棚、壁など高い所に貼って披露します。そうすることにより、社会的に一人の人間として認められたことにもなります。

お宮参り

出生後初めて氏神様へお参りすることで、宮参り、初宮参りと呼んでいます。
男児は32日目、女児は33日目ぐらいに行うのが一般的ですが、地域によっては七日目、100日目などさまざまです。

伝統的なお祝い着は、男児には熨斗目模様に鷹や兜などの勇壮な柄ゆき、女児には典雅で華やかな模様の友禅などがあります。父方の祖母が赤ちゃんを抱き、母方の実家から贈られた晴れ着をきせかけて氏神様にお参りします。男児には墨で、女児には紅で額に「大」の字を書いたりする風習も残っています。

現在では、あまり形式張らずに、母子の健康状態や天候を考え、穏やかな日を選んで近くの神社へお参りすることも多いようです。

お食い初め(おくいぞめ)

お食い初めは、箸揃え・箸立て・膳揃えの儀式ともいい、お膳の上に小石や栗など固いものをのせ、歯を固めて健康を保持し、ひいては長寿を願った風習が伝わっているものです。現在では生後百日目ごろの赤ちゃんを初めて膳につかせ、食べ物を口に運び、食べさせる真似をする行事で、一生食べるのに困らないようにとの願いが込められています。またそのころは、ちょうど歯が生え始め、離乳食に切り替える時期にもあたり、そういう意味でも合理的です。もともと内輪のお祝いでもあり、祖父母や両親とともに食卓を囲み、子どもの成長を願いたいものです。

初節句
もともと節句は「節供」で、祭日に特別の食べ物を神に供え、自分たちも共に食べ祝ったことから、そのように呼ばれています。現在では3月と5月の2回ですが、明治6年(1873年)に廃止されるまでは、人日(じんじつ・1月7日)、上巳(じょうし・3月3日)、端午(たんご・5月5日)、七夕(たなばた・7月7日)、重陽(ちょうよう・9月9日)を5節句としてお祝いしていました。そのうちから上巳を桃の節句として女児の節句、端午を菖蒲の節句として男児の節句として祝うようになりました。女児の初節句には、母親の実家から雛人形を贈るならわしがあり、現在も受け継がれています。男児の初節句には雛人形のように母親の実家から贈り物をするしきたりはありませんが、一般的には双方の実家から、鯉幟・兜飾りや武者人形などを贈ってお祝いします。ちなみに鯉幟は、江戸時代後半から立てられるようになり、中国古代に龍門の急流を鯉だけが登って龍に化身したという伝説から子どもたちが元気に育つよう、出世するようにと願って立てられています。
初誕生
生まれた日を誕生日として祝うようになったのは比較的新しく、昭和20年代以降のことです。医療が発達するまでは幼少時代に亡くなる子どもたちも多く、節目ごとに子どもの無事が祈られていました。特に初誕生の日には、1升の餅を背負わせたリ、踏ませたり、またその餅で子どもをたたいたりする風習も残っています。
七五三
男児は五歳、女児は三歳七歳など、子供の成長過程の節目にあたってお祝いをするものです。11月15日に神社へ参拝します。

三歳のお祝いは「髪置き(かみおき)の儀」とも言われ、それまで切ったり剃ったりしていた子供の髪の毛をその日を境にして伸ばし始めるというならわしです。

五歳のお祝いは「袴着(はかまぎ)の儀」または「着袴(ちゃっこ)の儀」とも呼ばれ、幼児から少年(少女)へと成長することを祈って初めて袴を着けるというならわしです。

七歳のお祝いは、「帯解き(おびとき)の儀」「紐落し(ひもおとし)の儀」とも言われ、それまで着けていた着物の付け紐を解きはずして初めて帯を締めるというお祝いです。

これらのならわしは江戸時代から庶民の間で広まりましたが、明治時代になってから11月15日の行事として合体し、「七五三」と呼ばれるようになったのです。

三歳女児の場合は、お宮参りのお祝い着に被布を重ねたり、結び帯をつけたりします。また、三つ身と呼ばれる三歳用の晴れ着を着用されるのもよいでしょう。

五歳男児の場合、黒紋付や色紋付のアンサンブルや、無地の着物、熨斗目模様に鷹や兜などの友禅柄の羽織を着て袴を着用します。

七歳女児の場合は、本裁ちまたは四つ身裁ちにした振袖に帯を締めてしごきを着け、箱迫(はこせこ)を懐にするのが一般的です。晴れ着の柄は縮緬や綸子の生地に絞り、刺繍をあしらった四つ身の着物や桜などの花をあしらった草花模様、手毬などをあしらった古典模様があり、友禅の技法にも手描き友禅、型友禅があります。