着物・帯のお手入れへ着物の基礎知識   シミ抜きの豆知識へシミ抜きの豆知識

きもののお手入れと保存

きものを脱いだ後<和服用>ハンガーに掛け、半日から1日の間、風通しの良い所で必ず陰干しをしましょう。
その後ハンガーに掛けたまま、柔らかい毛ブラシかビロードふとんで全体のほこりを丁寧に払って下さい。
衿、袖口、裾、上前、ひざのシミ、汚れ、シワの有無を確かめ、早い目に適切な処理をいたしましょう。

特別な生地以外は当布をしてアイロンを掛けて仕上げて下さい。なお高熱アイロン、蒸気アイロンは金銀箔を痛めますので使用しないで下さい。

たたみ方はゴザ又はたとう紙の上で必ず肩を左に持って脇、衽、背袖付の縫い目を通して折り、出来るだけ大きくたたみましょう。
紋、模様、金、銀、箔、刺繍のところは紙を当てて下さい。
防虫剤はきものに直接ふれないように注意し使用いたしましょう。
特に汗・湿気は変色の原因となります。保存中、ビニール袋・香水は使用しないで下さい。

きものは半年に一度、陰干しにして風を通し湿気を取るのがきものを長持ちさせるコツ。陰干しの一番良い時期は7月中頃〜8月(土用干し)と2月初旬(寒干し)の晴天の日に行います。この虫干しはきものを点検する上での大切なチャンス。しみ、かび、虫食い等の有無をよく調べましょう。
容器(タンス・衣装箱)は直接日光のあたらない風通しのよい場所におきましょう。

帯のお手入れと保存

高熱アイロン、蒸気アイロンはご使用にならず、温度は100℃以下にしてあて布の上から御使用下さい。
金銀糸箔等使用の商品につきましては、ゴム、包装紙等硫黄分を含んだものに触れますと金銀箔が変色することがありますので御注意下さい。

またビニール・ナイロン系等による密用保存は避けて下さい。 保存されます時は防虫剤・香水等をご使用にならず、汗等のしめりをよく乾燥の上、湿気の少ない場所にお片付け下さい。

虫干しを時々行って下さい。 しみぬきのお手入れはなるべく専門店にご相談下さい。
もしご家庭でなさる場合には揮発性良質のベンジンをご使用下さい。




個人情報の取り扱いについて特定商取引法に基づく表記お問い合わせ